やりたいこと、できていますか?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいこと、できてる?

努力、忍耐、継続、自己否定の苦しい世界から、ゆるっと楽しく生きる毎日へ。頑張り屋さんを卒業して、あなたの心に従って生きる方法を一緒に探すブログです。

「飽きっぽいのが悩みなんです。」それ、最強の武器でしょ!


スポンサーリンク

f:id:oyasumin-seijin:20161111225206j:plain

こんばんは!
自分の「やりたい!」を極めるブロガー、おやすみ星人です!

「私、飽きっぽいのが悩みなんです。」
世間で飽きっぽいのはあんまりいい目で見られないですよね。
一度始めたことは最後までやれって言われることが多い。

だから子供の頃は習い事をなかなか止められなかったり。
不登校の子が学校に無理やり通ったり。
社会人になっても同じ会社に勤め続けたり。

もちろん一つのことをずっと続けるのはいいことだと思います。
でもね、ただその価値観に縛られて、飽きっぽい自分を責める必要は全くない
飽きっぽいのは間違いなく最強の武器になります!

 

①飽きっぽい人は自分の軸がしっかりしている。

飽きっぽいって裏を返せば、自分に合わないことがすぐにわかる
あるいは自分の本音に耳を傾けている人なんだと思うんです。

この仕事、合わないな。
この趣味、つまんないな。

そう思ったときに何かをスパッとやめるのって、なかなかできないことなんですよ。
だって今の日本は「ひとつのことを長くやれ」っていう価値観が強い中、
飽き性の人は自分の本音を大切にして行動に移したんですよ。

飽きっぽい人にはそれだけで行動力があって、
自分の本音を大切にして
ブレない自分の軸を持っている証です。

 

②飽きっぽいと自分のやりたいこと、自分に合ったことが見つかる

飽きっぽい人は色んなことを止める分、新しいことをする時間や心のゆとりが生まれます。
人間暇になると、新しいことをやりたくなります。
すると自分に合った仕事、自分が心から楽しめる趣味など、自分のやりたいことにたどり着ける可能性がぐんと上がるんです。

一つのことをやり通せっていうのは悪いことではないんですけれど、
自分に合った仕事や趣味ってなかなか一発では見つからない。
自分のやりたい仕事、趣味を楽しんでいる人って、一回目で辿りついている訳じゃないです。

自分にぴったりなものを探すには、数を打つ必要があります。
だから飽きっぽい人はどんどんやりたいことをやって良し。
止めたいことは止めて良し!

③飽きっぽいと人に我慢を強要しない

「飽きっぽいのはダメだ」
「そんなんじゃ何も成し遂げられないよ」
「耐える時間も必要だ」 

飽きっぽい人はこういうことを言われて来たんじゃないかな?
「何も成し遂げられないとか偉そうに言うけど、そういうあなたは何を成し遂げたんですか?」って私はよく思ってました。

こういうことをいう人は、我慢は大切という価値観を持っています。
嫌な会社に我慢して勤め続ける。
新人だから、上司の理不尽な叱責に耐え続ける
本当は学校が嫌だけど、しかたなく通う。

でもね、こういう我慢って本当に良くないと思います。
我慢って連鎖するから。

自分が我慢して仕事したから、簡単に仕事を辞める人を「ダメな奴だ」と言う。
泣きそうになっている新人に、「オレの頃はもっと厳しかった」と言って追いつめる。
同級生が休学したり不登校になった時に、「あいつは弱い奴だ」と決めつける。

もちろん自分が我慢し続けたことで、他の人に同じ思いをさせない優しい人もいます。
けれども我慢教の中には、そのストレスを誰かに発散する人がいるのも事実。
誰かを攻撃しなければならない我慢なんて、しない方がよっぽどマシ。

だから飽きっぽい人は自分が我慢をしない分、人にも我慢を求めない。
誰かが止めたいって言ったときに「いいんじゃない?」って寄り添える
そんな余裕優しさを持っていると思います。

④飽きっぽい人の行動力は、誰かに勇気を与える

飽きっぽい人には決断力があります。
何かを止めたり、新しいことを始めるときも、いつも身軽に行動する。
一つの場所に居続けることを良しとする日本では、なかなかできないことです。

そんな中で飽きっぽい人が行動し続けることで、
「おれも嫌なこと止めていいんだ!」「私ももっと身軽になっていいんだ!」っていろんな人に勇気を与えることになります。
「色んなことやってて楽しそうだね!」って、誰かを楽しませることもできます。

その飽きっぽい性格で、これからも誰かに希望を与えてください!!

 

最後に。飽き性代表ホリエモン

こんな感じで飽きっぽいをべた褒めしましたが、飽き性は本当に強みになります。
なのにどうして世間では飽き性ってダメなんでしょうね?(;ω;)

世間でいう初志貫徹だって
・合わないことを一生やり続けることになる
・我慢しすぎて病気になる
・誰かに我慢を強要したくなる
っていう負のメリットがあるのに...

だから社会の価値観ってそんなにあてにしなくていいです。
ちなみにこの人も飽きっぽいです。

そして彼の著書「ゼロ」には、こんな一言がありました。
「飽きっぽさはこれからの時代、最強の武器になる。」
この一言に彼の生き方がぎゅっと凝縮されています。

今までの時代、私たちは何となく誰かが敷いたレールに沿って生きていれば良かった。
でもこれからは社会全体が大きく変わる。
そんな時に飽きっぽくて行動力・決断力があるのは本当に強みになります。


飽きっぽい人は、飽きるのを悩みにするなんて本当にもったいない!
これからも新しいことに挑戦して、飽きたらさっさと止めてしまいましょー!!!

 

おやすみ星人ってどんな人?▽

関連記事▽