やりたいこと、できていますか?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいこと、できてる?

努力、忍耐、継続、自己否定の苦しい世界から、ゆるっと楽しく生きる毎日へ。頑張り屋さんを卒業して、あなたの心に従って生きる方法を一緒に探すブログです。

元スタバの店員直伝!ホットドリンクのお勧めカスタマイズ9選①


スポンサーリンク

f:id:oyasumin-seijin:20161102124353j:plain


こんにちは!
自分の「やりたい!」を極めるブロガー、おやすみ星人です!!

段々風が冷たくなって来て、温かい飲み物が恋しい季節になりましたね。
札幌では既に雪が降りました笑

そこで元スタバのお姉さんだったおやすみ星人が、寒い日に飲みたいホットドリンクのオススメの飲み方を紹介したいと思います!
フラペチーノのカスタマイズはよく見ますが、ホットドリンクはあまり見かけないのでまとめてみました!
Part1ではショットが入っているエスプレッソドリンクが中心になります。

①リストレットキャラメルマキアート(無料)

リストレットってなかなか聞きなれない言葉だと思います。
これは「1ショットを半分にする」という意味です。
濃いエスプレッソショットを減らすとミルクの甘さが引き立つので、濃いコーヒーが苦手な方にはぜひ試してもらいたいです!

ちなみにリストレットは、エスプレッソショットを使用したドリンク全般にできるカスタマイズです。
個人的に一番好きなのは、リストレットにしたキャラメルマキアート

通っぽく言うなら「トールリストレットキャラメルマキアート」ですね!

※一つ注意してほしいことがあります!
リストレットをグランデやベンティサイズで頼むと薄くなってしまう可能性があるので、ショートトールサイズの時に注文してください。
もしグランデやベンティのショットを少なくする場合は、普通に「ショットを減らしてください」と言えばOK。 

②ヘーゼルナッツモカ(税抜き+50円)

カフェモカヘーゼルナッツシロップを追加するのもめっちゃおすすめです!
カフェモカとはスターバックスラテにモカシロップ(チョコレート味のシロップ)を溶かして、ホイップクリームをトッピングしたドリンクのこと。

カフェモカにヘーゼルナッツシロップを入れると、香ばしくなっておいしんですよ...
カフェモカは元々甘いので、私はモカシロップを減らしてもらっていました。
シロップを少なくしたい方は、店員さんに「モカシロップを少なめにしてください」とお伝えください!

かっこよく言うなら「トールヘーゼルナッツモカ」ですね。

 

③ホワイトモカにキャラメルソース追加(無料)

こちらのカスタマイズも甘いもの好きにはおすすめですね。
ホワイトモカとはスターバックスラテに、ホワイトモカシロップ(ホワイトチョコレート味のシロップ)を溶かしてホイップをトッピングしたドリンクのことです。

そんなホワイトモカはキャラメルソースとの相性が抜群!
でもホワイトモカはおそらくドリンクの中で一番甘い飲み物なので、もし甘さ控えめがお好きなら、ホワイトモカシロップやホイップを減らしてもらってください。
逆にあなたが周りにドン引きされるような甘党なら、ホイップとキャラメルソース、ホワイトモカシロップを全部増量してみてください!笑

 

④カフェミストにホワイトモカシロップ追加(税抜き+50円)

カフェミストは通常のドリップコーヒーとミルクが半分ずつ入ったドリンクです。
濃いエスプレッソにミルクをたっぷり注いだスターバックスラテと比べると、コーヒーが若干薄めなので私はこちらの方が好きです。

カフェミストは甘くないので、シロップを入れるのもおすすめ。
シロップの種類は色々ありますが、私のおすすめは断然ホワイトモカシロップ
ホワイトモカシロップを追加するとミルクが濃くなっておいしいんですよ。

ドリンクを注文するときはぜひ「トールホワイトモカミスト」と言ってみてください!

 

⑤カフェアメリカーノにヘーゼルナッツシロップ追加(税抜き+50円)

スタバにはカフェアメリカーノというドリンクがあります。
エスプレッソショットをお湯で割って作るのですが、これにヘーゼルナッツシロップを追加すると香りが良くなるんですよ!

個人的にはアイスアメリカーノの方がさっぱりしててオススメですが、もちろんホットも美味しいです。
ぜひ「トールヘーゼルナッツアメリカーノ」と注文してみてください!

 

以上、元スタバのお姉さん直伝のカスタマイズでした( ´ ▽ ` )ノ

Part2ではティーラテのカスタマイズをご紹介します! ▽


続きはこちら▽ 

www.oyasumi-seijin.com

 関連記事▽ 

www.oyasumi-seijin.com

おやすみ星人ってどんな人?▽

www.oyasumi-seijin.com