やりたいこと、できていますか?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいこと、できてる?

努力、忍耐、継続、自己否定の苦しい世界から、ゆるっと楽しく生きる毎日へ。頑張り屋さんを卒業して、あなたの心に従って生きる方法を一緒に探すブログです。

日本のバトントワリングは世界トップレベル!


スポンサーリンク

こんばんは!
自分の「やりたい!」を極めるブロガー、おやすみ星人です。

私は最近バトントワリング(以下バトン)を趣味として始めました。

f:id:oyasumin-seijin:20161026184139j:image
バトンってすごく奥が深いんですけどなかなか馴染みがないと思うので、今日はバトンの魅力についてちょこっと紹介したいと思います。

 

そもそもバトンって何するの?


バトンって70 cmくらいの鉄の棒を空中に投げたり、逆に体から離さずに回転させる競技なんです。
バトンを投げている間にその場で何度もぐるぐる回ったり、側転や前方倒立回転を決めたり。
時にはダンスを踊りながらバトンを回し、大技をひたすら繰り広げたり、マーチングバンドに花を添えることもあります。

百聞は一見に如かずなので、バトン選手の動画を載せておきます。
数分程度の動画なのでお時間のある方は見てみてください。


華麗な演技、観客を魅了 バトントワリング全日本選手権


全国のトワラーが熱戦 全日本バトン選手権 Baton twirlers strut their stuff


バトンの魅力

バトンってとにかく華やかに見えませんか?
涼しげにダンスをしながらバトンを高く上げて、その間に人間離れした技を披露して...

上の動画からはわかりにくいかもしれませんが、バトンを上げる高さもすごいんですよ。
全国大会レベルになると学校の体育館では高さが足りない。
同じ教室だった上級生はよく天井にバトンをぶつけてましたからね(笑)


バトンは新体操のようなパフォーマンス性もありながら、バレエの要素もあるから華麗でしなやかな表現力も求められます。
そしてバトンの最大の特徴は、どのダンスよりも空間を大きく使うこと。

ダンスって一般的に平面を動くイメージが強いですが、バトンは上に高く投げるので上の空間もめいっぱい使います。
だから他のダンスよりダイナミックで、バトンに馴染みのない人たちでも楽しんでもらえるのが最大のメリットなんじゃないかと思います。

 

日本のバトントワリングは世界トップレベル

バレエやフィギュアスケートなど、日本人は何かとダンスの世界でいつもトップレベルを維持しています。
バトントワリングも例に漏れず、やはり世界チャンピオンが多い

そんな中でも飛び切りすごいのが稲垣正司選手です。

www.seishiinagaki.com

稲垣選手は世界大会で脅威の11連勝を果たし、現在はシルク・ド・ソレイユで劇団の一員としてバトンを披露しています。
バトントワラーがこのように劇団に所属するのは稀な例なのですが、それくらいバトンには芸術性があり、また人を魅了する力があるということなのかもしれません。


以上、バトン好きからの投稿でした!