やりたいこと、できていますか?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいこと、できてる?

努力、忍耐、継続、自己否定の苦しい世界から、ゆるっと楽しく生きる毎日へ。頑張り屋さんを卒業して、あなたの心に従って生きる方法を一緒に探すブログです。

やりたいことを見つける方法②―私が実践したこと


スポンサーリンク

こんにちは!
自分の「好き」を極めるブロガー、おやすみ星人です!

今日は前回の記事に続いて、私が「やりたいこと」を見つけるためにどのように行動したかをお話したいと思います。
前回の記事はこちら↓ 

oyasumin.hatenablog.com

 

まずは「今」の私の感情に素直になってみた

 勉強をするために好きなこと、やりたいことを我慢し続けた私は、自分が何を感じているのかさえもよくわかりませんでした。
なのでまず「今の私は何を感じているのか?」を感じ取る練習から始めました。

f:id:oyasumin-seijin:20161022133948j:plain

 というのも「あれやってみたい!」という衝動は、思考よりもその場の一瞬の感情から成り立っています。

なので今の感情が分からないことには、「好きなこと」には辿り着けないと思いました。

まずは本当に些細なことから始めました。
・ご飯は何を食べたいか?そもそも本当におなか空いてる?
・どこのカフェに行きたい?何を飲みたい?
・今見たいテレビや動画は何?
・今の学校生活は楽しい?

こんな風に私は、何か行動をする度に自分の本音、感情を感じ取る練習をしました。
すると段々自分の感覚がちゃんと蘇って来るようになりました。

・本当はこんなにご飯いらない、おなかいっぱいだから残したい
・本当は野菜なんてそんなに好きじゃない、ずっとアイス食べてたい
・本当は研究室で実験なんかしたくない、もっと別のことをしたい

そしてこの時一番気を付けたのが、どんな感情にも蓋をしない、否定しないということでした。
たとえ意地悪な自分を見つけても、「まあいっか」と受け入れる
たとえ迷惑を掛ける自分がいたとしても、「まあいっか」と言ってみる

もし自分の感情を否定してしまったら、また自分を押し殺すことになって、結果的に好きなことから遠のいてしまいます。
だから徹底的に「まあいっか」と心でつぶやいては、自分の感情を受け入れました。


そしてこのように自分の感覚を深く探ると、不思議と自分の本心にウソを付くのが苦しくなる時期が来ます。

そこで今度は自分の感覚に従う練習を少しずつ始めました。

 

自分の感覚に少しずつ従ってみる

今度は自分の感覚に従う練習をしてみました。

とはいえやっぱり些細なことからですけどね。

例えば...
・本当に食べたかったランチに1,500円使ってみる
・8,000円するけど、本当に欲しかった靴を買ってみる
・何となく気乗りしない約束はしない、もしくはドタキャンする(最低w)
・仮病を駆使して何となく仕事を休んでみる(もっと最低www)

こんな風に自分にウソをつかなくなると、心がほっとします。
生きる気力も湧いて来るし、いいことづくめ。


あとこの時一番大事にしたのは、やっぱり自分を否定しないこと。
特に最初の頃はどうしても勇気がなくて、本音とは違う行動を選んでしまいがちなので。

でもそれはしょうがないとも思います。
だってまだ自分に正直になってから日が浅いですから。
スポーツの上達には基礎練習が必要なことはわかっているのに、どうして自分と向き合うことに関してはすぐに成果を求めてしまうんでしょうね?

ゆっくりじっくり練習をして、少しずつ成長していけばいいんじゃないかな?
私はそう考えています。


という訳でこんな感じで少しずつ自分の感覚を取り戻して、行動に移すようにして行きました。

 

次は本音に従ったことで、私の生活がどのように変わったかを紹介したいと思います!