やりたいこと、できていますか?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいこと、できてる?

努力、忍耐、継続、自己否定の苦しい世界から、ゆるっと楽しく生きる毎日へ。頑張り屋さんを卒業して、あなたの心に従って生きる方法を一緒に探すブログです。

初めまして&ブログを始めた理由


スポンサーリンク

初めまして!

自分の「やりたい!」を極めるブロガー、おやすみ星人と申します。
札幌在住の25歳女です。埼玉出身、道民歴7年。
大学院をやめてフリーターになり、スタバの店員を経験しました。
現在はプロブロガーと自宅警備員の二足のわらじを履いています( ̄▽ ̄)コソッ

f:id:oyasumin-seijin:20161031112722j:plain

このブログでは私自身が実際にやりたいことをして生計を立て、やりたいことを見つける方法を紹介することで、「やりたいことがわからない!」「やりたいことをする勇気がない!」という方の参考になればと思っています。


ここでは私がブログを始めた理由をつらつらと書きますね!

 

やりたいことを犠牲にしていた時の私はいつも苦しかった

 実は私も、「自分のやりたいことは何?」と聞かれても、「寝る」「食べる」以外思いつかないような人でした。

 高校生の時は、大学受験が終われば勉強から解放されると思い

 大学生の時は、勉強や実験を頑張れば何とかなると信じ

 大学院生の時は、ひたすらバラ色の社会人生活を待ちわびていました。

けれどもやりたいことを押し殺しながら未来の幸せのために頑張っても、私は一向に幸せになる気配がなかったんです。

むしろ苦しくなるばかり。

 

未来を捨て、今に委ねた 

そこで私は未来のために生きるのではなく、「今」を基準に生きるようになりました。
その際、「今の私は何をしたいか?」と常に自分に問い続けました。
今何をしたいかがはっきりわかるようになると、自分のやりたいことが明確になると思ったので。
「今やりたい!」って何度も感じたことは、要は心の底からやりたいことですからね。

もちろん始めは自分のやりたいことなんて全然わかりませんでしたよ。
当たり前ですよね。だって長年押し殺してましたから。

けれども自分を見つめていく内に、少しずつ自分のやりたいことが分かるようになってきました。
今の私はYouTubeで動画を見ること、バトントワリングで舞台に立つこと、そしてブログで文章を書くことに夢中になっています。

 

やりたいことを見つけてから、幸せを感じる瞬間が増えた

 やりたいことが分かるようになってから、私の内面は確実に変化して来ました。
毎日が楽しく、幸せに感じられるようになって来たのです。
「今日はいい天気だなぁ」って思うだけで心が満たされるようになりました。

するとうまくいかないことがあっても多少のことは気にならなくなるし、
今やりたいことをすると常に「今」に照準が合うので、未来のことを心配しなくなって来るんです。
だって何かに熱中している時って、目の前のことしか頭に入りませんよね?

だから何か問題にぶち当たっても「何とかなるっしょ!」って肝が据わって、ますます自分のやりたいことを行動に移せるようになります。

あとここからはまだ私も未知の領域になるのですが、やりたいことを追い求める人って、往々にして「お金は何とかなる」っていうんです。
出会い、お金の援助...全てがベストなタイミングでやって来るみたいです。
この原理は私にはまだよくわからないのですが、やりたいことを極める人がそういうのなら信じてみようと思っています!
 

 このブログでは何を伝えたいか

やりたいことをすると確実に人生が変わるし、何より日々の生活に幸せを感じるようになります!
なので少しでもやりたいことをする人を増やして、皆が幸せに暮らせるような世界ができればいいなと思っています。

でもやりたいことをするってなかなか勇気のいることだし、中には自分のやりたいことがわからない人もいるのではないでしょうか。
なのでこのブログでは「やりたいことってこうやって見つけるんだよ!」と方法を提案したり、実際に私が好きなことで生計を立てることで「やりたいことをしても生活が成り立つんだよ!」と後押しをしていきたいと思います。

それに実は私も自分の「やりたい!」を極め始めたばかり。
なのでこのブログをご覧になっている人とスタート地点は一緒です。

例えば堀江貴文さんが「こうやるとやりたいことだけで生活できるよ!」と言うと「だってあの人だからできたんだよ」と反論されそうですが、
一般人の私が「こうやるとやりたいことして暮らせるよ!」と言えば反論の余地がないじゃないですか( ̄▽ ̄)

なのでこのブログを通じて、少しでも誰かの「やりたい!」という気持ちを後押しできれば幸いです。